Phone 045-664-4268   
HOME > 南極どうでしょう
 
HOME 南極の
楽しみ方
モデル
プラン
コース
一覧
おすすめ
コース
船の紹介
出会える
動物たち
服装
準備
南極
旅行記
予約から
出発まで
ブエノス
アイレス
ウシュ
アイア
  
■ブエノスアイレス
 
  南極へ行くには、まず日本からアルゼンチンの
  ブエノスアイレスを目指します。
  ブエノスアイレスはとても素敵な街。ぜひ楽しんでください。
  いくつか見どころをご紹介します。
 
ブエノスアイレス国際線空港(エセイサ、EZE)
この国際線空港から市街地まではタクシーで約40分。(通勤時間帯などは渋滞します。)タクシーはメーター制で明朗会計、ただしアルゼンチンペソでの支払いとなります。
おおよそ600ペソ(約1500円)。
空港でUSドルからアルゼンチンペソへの両替が可能です。
リムジンバスなどもありますが、長距離フライトでブエノスアイレスに着き、バスは宿泊するホテルの前で降ろしてくれるわけでもないので、おすすめしません。
ちなみに専用の送迎車を手配することも可能です。
お客様がスーツケースを引き取って到着口を出たところでお客様の名前のサインボードを持ってドライバーがお待ちしています。現地に日本語で対応してくれる電話番号もあります。
南極クルーズの頃、
南米ブエノスアイレスは夏。
ブエノスアイレスでのおすすめホテルは、
治安も良いレコレタ地区にある
ソフィテルブエノスアイレスレコレタ
道路を隔てた目の前にショッピングセンターとフードコートやレストランもあるので便利です。
ブエノスアイレスからウシュアイアへのフライトは国内線空港(ホルヘニューベリー、AEP)からの出発が多いのですが、このホテルからAEPまでは車で約20分です。
El Ateneo
ブエノスアイレスにある本屋さんですが、
何店舗化あるうち、先住所の店舗は元すばらしい劇場を改装した本屋さん、一見の価値があります。
 ちなみに劇場のステージはカフェになっています。

ソフィテルから徒歩5分のところにある
アルゼンチンビーフのレストラン。
良質な赤身のビーフとアルゼンチンワインをいい雰囲気の中、リーズナブルに堪能できます。
人気店なので、ホテルのコンシェルジュで事前に予約を入れてもらった方がいいです。
ブエノスアイレスの夜、
アルゼンチンタンゴのディナーショーへぜひお出かけください。
こちらもホテルのコンシェルジュで予約可能です。

 
 
ブエノスアイレスには日系人の方がたくさん住んでいるため、美味しい和食のお店もあります。
しかし、世界的に日本食がブームということもあって、味がイマイチの店もあります。
ここIchisouは在ブエノスアイレス日本大使館の方に教えていただきました。
 

 

この入船は、アルゼンチン人経営の人気の和食のお店。
海鮮丼のボリュームがうれしいです。
 
 
ブエノスアイレスには日本庭園があります。
1967年、当時の日本の皇太子・同妃(明仁様・美智子様)がアルゼンチンを訪問される際、現地の日本人移民団体が造成しました。

フロリダストリート、
ブエノスアイレスで一番賑やかなショッピングストリートです。
通りに立ってる人が「カンビオ、カンビオ」と言ってます。
両替商です。
ただし、偽札が混じってることもあるそうで使わないほうがいいです。
窓口のある両替所が安全、ただし両替にはパスポートが必要です。
USドルからの両替がスムーズ、日本円は取り扱っていない両替所も多いです。
タンゴ発祥の地、カミニート地区
カラフルな家並み
いろんなレストランやバーから音楽が流れてきます。
その店先で踊る男女もいます。

 
ちょっと荒っぽいソーセージとアルゼンチンビールが旨い。
軽いランチに最適です。
 

▲ページトップへ

© MERCURY TRAVEL CO., LTD. All Rights Reserved