クルーズ・メールマガジン登録
  
  
HOME > ドリームクルーズ
 
HOME クルーズ
スケジュール
船の紹介  写  真 クルーズ
レポート
 
予約から
乗船まで
 
■クルーズレポート



海側ベランダ付デラックス 13088号室
海側ベランダ付より奥行きがあり、バスタブも完備。この差は大きいと感じました。
ソファをベッドにしつらえることで4名まで使えます。
 

かなり奥行きが広いです。

このスクリーンで、有料レストランの予約、デイリープログラムの閲覧などができます。

ベッドサイドの電源、USBが携帯充電に便利。

リセットボタンを押して、
数字4桁+ロックボタン押下で完了。
明けるときは数字4桁。
閉めるときはロックボタン押下。
とても簡単。

バスローブ、スリッパ完備

部屋のカードキーを差すと電源が入りますが、出かけるときに持ち出し忘れる可能性があるため、何か別のカードを差し込んでおくと便利。

室温は細かく調整できて快適です。

   この部屋のアメニティはエトロ。  
この部屋はバスタブがありました。
かなり大きいバスタブでした。

ゲンティンドリームは、多彩な食のバリエーション。
無料のレストランに加えて、有料のレストランを上手く組み合わせると、すこし上質なクルーズを自分で作ることができます。
ただし、鉄板焼などはかなり人気が高いため、乗船後すぐに予約をした方がよさそうです。
●無料のレストラン●


この船のメインダイニング。
朝はビュッフェをやってますが、ジュース類はありません。(リドにはある)
ただし、麺類や焼売などがあります。(リドにはない)
夜は音楽演奏を楽しみながらのディナーとなります。
朝食ビュッフェ、きれいに並べられています。
朝食ビュッフェの一角にある、麺と焼売。
これが美味い。
  朝にあっさり味の麺、美味しいです。
  中国式(?)朝ビュッフェの取り方。 ディナーのラム。これは美味かった。
     


中華のメインダイニング。大型船ではありがここはちょっとこじんまり。朝は混んでいます。
夜は照明も暗めでシックな感じになります。料理はすべてテーブルの人数分大皿で出てきて、
ここに取り分けるスタイルです。
     
ビュッフェは、明るく広く。
あまり混み合うことはありませんでした。
ちょっと品数が少ない気がしました。
 
●有料のレストラン●
   


オーストラリアのスターシェフが手掛けるレストラン。
フレンチとも違い、テーブルセッティングも少しカジュアル、
お食事は少しモダンなテイスト、お昼は生ガキやラザニアなど軽いアラカルトメニューが
用意されていて、外でいただきます。


寿司カウンターは予約不要。ただし席数が少ない。
鉄板焼きは超人気。紅花スタイル。
今日本食がブームなんだということを実感します。
 


ちょっとお腹が空いたとき、いつでも利用できる屋台風レストラン。
麺類やチキンライスなど、メニューは豊富。とても人気のレストランでした。
 


ショーを観ながらいただく高級中華レストラン。
真っ赤なインテリアが、とてもセンスが良かったです。
ちょっと香港映画のセットみたい、ジャッキーチェンが悪党どもと格闘すると似合いそう。
 ゲンティンドリームのエンターティメント&パブリックスペース

この船は、ノルウェージャンクルーズライン社の最新型客船「ノルウェージャンエスケープ」の姉妹船ともいえるので、
本来ニューヨークやマイアミまで行かなければ乗ることができないカリブ海クルーズの最新鋭客船に日本からわずか数時間の香港で
乗れるという考え方ができると思います。
ただし内装はノルウェージャン・エスケープよりシックでアジアンテイストになっています。
シアターでのショー。
洋上最大級の迫力でした。
 
シガーバー
ブティックは、超高級ブランドが目白押し。
ロゴグッズはすごく少な目。
まだまだ購買意欲の高い中国人船客を意識してのことでしょう。
 
カジノ(本来は撮影禁止)
ゲンティンは、ギャンブルビジネスで名をはせた会社。
ゆえに、スタークルーズ同様、クルーズ船ではもっともカジノが充実しています。
ゲンティンドリームもたくさんのカジノがあり、一部VIP以外は入れない場所もあります。
スロットマシーンの隣にATMが。 金がなくなれば引き出せばいいという発想。 スゴイ。
 
クリスタルライフ アジアンスパ
ゲンティングループとして、傘下に収めたラグジュアリー船社、クリスタルクルーズのロゴを使用。
内容は全然関係ないアジアスパ。足つぼマッサージなど。暗めの照明で癒しの空間。ミスとサウナや小さいプールもありました。
アトリウム
レセプションやバー、カフェ、パン屋さんなどがあります。レセプションでクレジットカード登録時、AMEXはNG、ビザかマスターのみでした。
クリスタルライフ・スパ

とても心地いい空間。
ここを上手く使いこなすことで、ちょっと上質なクルーズになると思います。(お金はかかります。)
フレッシュジュースや軽食(有料)
スパのエントランス
化粧品などの販売スペースがすごく広い。
マッサージを受けた人が利用できる
ヒーリングスペース。
ここは良かったです。
床屋。
サーマルスイートや温浴ちびプール。このエリアもマッサージ利用の人は無料。
男女別れています。
このちびプール、水着をつけないで入るのがちょっと変な感じがしました。
左側のちびちびプール(?)は水風呂、サウナの後に入るのでしょうか。
マッサージのトリートメントルーム
アロママッサージ1時間で約15000円。
内容はとてもよかったです。
マッサージの後も、ヒーリングルームでハーブティーをいただきながらゆっくりと寝転がって過ごすことが出来ました。
クリスタルライフ・フィットネス

専任の人がいて、器具の使い方や効果的なトレーニングなどをサポートしてくれます。
 
ブリッジが見えるスペース。
 
ZOOK
シンガポールの有名なクラブが洋上に出店。
プール・ウォータースライダー・パターゴルフ等

最近の船はウォータースライダーがどんどん拡張・進化しています。
3本やるとかなりへとへとになるが、すごく楽しいとのことです。
ジャグジーは程よい温水でした。
ノルウェージャン・エスケープにはオブザベーションラウンジがありませんが、
この船にはありました。なんとデッキ19。
アフタヌーンティーやカクテルを楽しめます。
ウィスキー(ジョニーウォーカー)、シャンペン、ワイン、カクテルなどのバーが集まったエリア。
アトリウムに面しているので、静かではありません。
ただ、いろんな種類を本格的に楽しめる合理性はあります。
ボーリングレーン、ノルウェージャン・エスケープは2レーンだったと思うので、
その倍になってました。(有料)
潜水艦。
60分、4人合計約30万円。
アトリウムに設けられたステージ。
ここで素敵な女性が歌っています。
これは背景も相まって効果的だと思います。


© MERCURY TRAVEL CO., LTD. All Rights Reserved