次の乗船 個人主義
レポート
QE2と
ノルウェー
ブログ プロフィール
インフォメーション 港町
すし屋情報
あの船の
あのバー
個人主義的レポート
Le Boreal
ル・ボレアル (ポナン)
南極クルーズ
2017年2月

2017年2月21日~22日 成田からブエノスアイレスへ
2月23日 ル・ボレアルへ乗船、ウシュアイア出港
2月24日 ドレーク海峡
2月25日 ドレーク海峡
2月26日 66度33分 南極圏、マルゲリータ湾
2月27日 68度40分 海氷に激突、上陸
2月28日 ピーターマン島、ポートシャルコー、プレノーベイ、ルメール海峡
3月1日  ウィル・ヘルミナベイ、スパート島、ミッケルソンハーバー
3月2日  デセプション島
3月3日  ドレーク海峡
3月4日  ドレーク海峡、ケープホーン、ウシュアイア到着
3月5日  ウシュアイアにてル・ボレアル下船、帰国の途
3月7日  成田着


2月26日 南緯66度33分 南極圏 マルゲリータ湾
短い夜が明けて、客室のベランダに出てみると、巨大な棚氷が近づいてきました。
デカイ。すごくデカイ。
ついに南極に来てしまいました。
イタイ。イタイ。 耳がイタイ。
やっぱり南極はなめたらアカン。
マルゲリータ湾、凄い!!
イタイ、耳がイタイ。
体感の寒さは気温ではなく、風が吹くとすごく寒く感じます。
でも、海がきれい。空がきれい。太陽の日差しが突き抜けてる感じ。
さぁ、初めての南極での上陸、あの巨大な大陸をゾディアックボートで目指します。
防寒具、防寒ズボン、長靴、帽子、サングラス OK.準備完了。
   いざ上陸
いきなり、アデリーペンギンがお出迎え。
羽根が生え変わる時期。
モコモコしてそう。
さわりたい。(でも、それはダメです。)
5m以上近づいてはいけません。
でも、ペンギンから近づいてきた場合は、仕方ありません。
   アデリーペンギン
ナンキョクオットセイ。思っていたより全然大きい。そして重たそう。
気温は、-5℃程度、たいしたことありません。
ただ、風が吹くとすごく寒いのです。
今日は、風が強くゾディアックでの上陸はちょっと大変でした。
初の南極大陸への上陸を終え、ちょっとリラックスタイム。
ル・ボレアルはさらに南下を続けます。
巨大な氷のオブジェに何度も遭遇。
ついには、行く手をすべて氷に覆われてしまいました。
 
2月27日 68度40分 海氷に激突、上陸 へ
関連サイト: ポナン

Copyright(C) Mercury Travel Co., Ltd. All Rights Reserved