次の乗船 個人主義
レポート
QE2と
ノルウェー
ブログ プロフィール
インフォメーション 港町
すし屋情報
あの船の
あのバー
個人主義的レポート
Le Boreal
ル・ボレアル (ポナン)
南極クルーズ
2017年2月

2017年2月21日~22日 成田からブエノスアイレスへ
2月23日 ル・ボレアルへ乗船、ウシュアイア出港
2月24日 ドレーク海峡
2月25日 ドレーク海峡
2月26日 66度33分 南極圏、マルゲリータ湾
2月27日 68度40分 海氷に激突、上陸
2月28日 ピーターマン島、ポートシャルコー、プレノーベイ、ルメール海峡
3月1日  ウィル・ヘルミナベイ、スパート島、ミッケルソンハーバー
3月2日  デセプション島
3月3日  ドレーク海峡
3月4日  ドレーク海峡、ケープホーン、ウシュアイア到着
3月5日  ウシュアイアにてル・ボレアル下船、帰国の途
3月7日  成田着


2月28日 ピーターマン島、ポートシャルコー、プレノーベイ、ルメール海峡
今日は南極の生息するペンギン、生態系のレクチャーがありました。
ランチはプールサイドでグリルステーキ。ビーフタルタル、ブイヤベースなど、食べやすいフレンチが並びます。
ポートシャルコー、なんと美しい湾。
1903~1905年、この地で越冬したフランスのシャルコー遠征隊にちなんで名づけられた。
だから、フランス船「ル・ボレアル」としてはここははずせない地なのです。
1隻のヨット発見。あなたはどこからやってきたのか?
ポートシャルコーのあるブース島は、岩の多い島。
まず、エクスペディションチームが上陸に適した場所を探しにゆきます。
   南極のペンギン
   南極のペンギン
くちばしがオレンジなのがジェンツーペンギン。これがなんともかわいらしい。
親は海へ飛び込んでエサを取ってきます。
そして無数のペンギンの中から、ちゃんと我が子へと届けるのです。
世界一過酷な子育てと言われています。
育ちざかりのジェンツーペンギンの子供。
もっと食べたいと、お母さんにおねだりします。
なぜか、私は写真撮られるとき、中腰になる。
   南極のオットセイ
 
 
エクスペディションチームの亮さんが、
氷を拾い上げました。
空気が抜けきっていて、すごく硬い。
強靭なゴムで出来ているゾディアックボートでさえ、
ぶつかるとパンクすることもあるそうです。
ポートシャルコーのル・ボレアル。
ポートシャルコー(写真左)の
東側(写真中央)がルメール海峡。
今夜はここを通過するそうです。
しかし肉眼ではかなり狭く、行く手は氷で
ふさがれてるように見えます。
さぁ、今夜も豪勢なフレンチディナー。
ディナーが終わった21:30でも
まだこの明るさです。
夜のルメール海峡通過
船の強力なサーチライトで行く手を照らし、
氷の間を縫うようにゆっくりと進んでゆきます。
 
3月1日  ウィル・ヘルミナベイ、スパート島、ミッケルソンハーバー へ
関連サイト: ポナン


Copyright(C) Mercury Travel Co., Ltd. All Rights Reserved