次の乗船 個人主義
レポート
QE2と
ノルウェー
ブログ プロフィール
インフォメーション 港町
すし屋情報
あの船の
あのバー
個人主義的レポート
Le Boreal
ル・ボレアル (ポナン)
南極クルーズ
2017年2月

2017年2月21日~22日 成田からブエノスアイレスへ
2月23日 ル・ボレアルへ乗船、ウシュアイア出港
2月24日 ドレーク海峡
2月25日 ドレーク海峡
2月26日 66度33分 南極圏、マルゲリータ湾
2月27日 68度40分 海氷に激突、上陸
2月28日 ピーターマン島、ポートシャルコー、プレノーベイ、ルメール海峡
3月1日  ウィル・ヘルミナベイ、スパート島、ミッケルソンハーバー
3月2日  デセプション島
3月3日  ドレーク海峡
3月4日  ドレーク海峡、ケープホーン、ウシュアイア到着
3月5日  ウシュアイアにてル・ボレアル下船、帰国の途
3月7日  成田着


3月2日 デセプション島
デセプション島は、海底火山のカルデラ。
1820年にアメリカの捕鯨船が発見した。
約100年前、ノルウェーの会社が鯨油の生産をしていたが、1967年に火山噴火で
建造物は壊滅的となった。
ある種、絶望的な光景しかない島。
しかし、ここにもペンギンやオットセイは生息している。
山を登ると、巨大な氷河が広がっていました。
この旅で初めて植物を発見しました。
デセプション島は比較的温暖なためでしょう。
   デセプション島にて
   デセプション島にて
   小さな命
   またいつか、再びの南極へ
ところで、このかわいらしいジェンツーペンギンは南極以外に生息しないのか?
近所の動物園にいたりしないのか?
南極にしかいないそうです。
 
3月3日  ドレーク海峡 へ
関連サイト: ポナン


Copyright(C) Mercury Travel Co., Ltd. All Rights Reserved