クルーズ・メールマガジン登録
    
     
HOME > ポールゴーギャン
 

 ポールゴーギャン
 
 
HOME お得な情報 スケジュール 船の紹介 クルーズレポート 寄港地観光 乗船ガイド ご予約から
乗船まで
 
■乗船ガイド

Preparing for Your Cruise ご出発前の準備について
■BAGGAGE 荷物
船にお持込になる個人のお荷物に関しては重量等の制限はありません。但し、クルーズの前後に利用される航空機には個数制限や重量制限がありますので、旅行会社もしくは航空会社にご確認ください。通常、国際線ではお一人様2個までの荷物の個数制限があります。
ポール・ゴーギャン・クルーズ(以下PGC)の過失による紛失、ダメージまたは配達ミスによる責任は負いますが、個人的財産及び補償の責任に関してはクルーズ規約に準じます。お客様ご自身で港に送付した荷物や、船内や下船後港に置き忘れた荷物などは補償致しかねます。細心の注意をもって荷物のお取り扱いを致しますが、お客様の荷物は旅行中何回も多くの人の手によって取り扱われることをご留意ください。

■CARRY-ON BAGGAGE 手荷物
貴重品、航空券、乗船券、パスポート、査証、常備薬、トラベラーズチェック、カメラ、クレジットカードなどは手荷物としてお持ちください。個人的所持品はそれぞれお客様の責任のもとに管理してください。また、国際線でご到着のお客様には、着替えをお持ちになることをお勧め致します。手荷物の大きさは航空機に持ち込み可能なサイズでご用意ください。航空会社によって荷物制限の規定が異なる場合がありますので、ご利用航空会社に必ずご確認ください。

■DOCUMENTATION CHECKLIST 書類チェックリスト
PGCは、お客様に最高の記念になる特別な航海を体験して頂くことを心掛けています。
船にゆったりとした気持ちで到着されますよう、以下の必要書類をご確認ご用意頂きますようお願い致します。パスポートや訪問先の査証(ビザ)、その他必要な書類についてはお客様の責任で取得して頂くことになります。
□ 旅客運送約款 − 予約のお名前がパスポートと同じであることが必要です。
□ パスポート − 下船日から6ヶ月の残存期間が必要です。
□ 査証(ビザ) − 渡航先国によっては個人ビザが必要なところもあります。
□ 予防接種 − 寄港地により事前に予防接種の必要な国があります。この規定はしばしば変更されます。必ずご出発前までにご確認の上、必要であれば接種をお済ませください。

その他、クルーズ旅行に関し不明な点がございましたら、お申し込みの旅行会社もしくは弊社にご確認ください。

■LUGGAGE TIPS 大型荷物に関して
? お客様のスーツケースなどの大型荷物には、氏名、住所、電話番号を記載したご自身の分かり易い荷札を別途お付けください。
? 米国経由で航空便を利用される場合は、スーツケースなどの鍵はロックしないように注意しましょう。保安上の理由で開封検査が行われることがあります。または、世界共通のTSAロック機構付きのスーツケースならロックして預けることが出来ます。
? スーツケースはどれも色形が似ておりますので、ご自身のものとすぐに分かるような大きなカラータグをお付けになると、荷物引取りの際に確認がし易くなります。また、中身のリストを用意されると更に良いでしょう。
? 米国以外の国から航空便を利用される場合は、スーツケースなどの鍵はロックして預けて頂けます。
? 航空会社にお預けになった荷物は税関およびセキュリティの検査を受けます。

■MONEY AND CREDIT CARDS 船内通貨/船内会計
船内の通過は米ドルです。レセプションデスクでは小額に限り米ドルまたはユーロから現地通貨への両替が可能です。ポール・ゴーギャン号では、乗船日にお客様お一人ずつ船内会計を設定しキャッシュレス・システムを行っています。船内ショップでのお買い物、ショア・エクスカーションや有料のアルコール類などの購入はサイン一つでお求め頂けます。但し、カジノでのお支払いにはクレジットカード(アメリカンエキスプレス、マスターカード、ビザ)、トラベラーズチェック、現金が使用できます。

■REQUIRED DOCUMENTS 必要書類
寄港地により健康診断書、身分証明書、有効なパスポート、ビザ、予防接種証明書の提示を求められることがあります。PGCの全てのお客様は、これらの必要書類をご用意頂く責任があります。入国に当たり健康診断書やビザの要・不要は大使館または領事館でご確認の上、必要であればご用意ください。

■TRAVEL INSUREANCE 海外旅行傷害保険
旅行中の盗難、病気、携行品の破損など万一の場合に備えて、海外旅行傷害保険をお掛けになることをお勧め致します。お申し込みは当社までお問い合わせください。

■WHAT TO PACK お持ちになると便利なもの
フレンチポリネシアの気候を踏まえ、クルーズ中にお持ちになると便利なものをリストにしましたので、ご参考になさってください。ショア・エクスカーション(寄港地観光)や寄港地の自由散策には履き慣れたウォーキング・シューズをお持ちください。
以下はお忘れなく
・自然素材の涼しい衣服
・帽子、サングラス、日焼け止めは必ずお持ちください
・水着やビーチ用の羽織もの
・スイミング用Tシャツ(又は速乾性のトップス)、長袖が望ましいです
・虫除け
・アラーム付き時計
・水中用シューズ*
※ スノーケリング器材(無料貸出し)は船内にご用意しております

* 水中アクティビティに参加される際は、より安全にお楽しみ頂けるよう水中用シューズ、スニーカー、サンダル等を履かれることをお勧めします。水中では、サンゴ、ウニ、その他の原因により足に切り傷を負ったり怪我をしてしまう可能性があります。それを防ぐためにも水中用シューズを履かれることをお勧めします。タヒチではお手ごろなプラスチック・サンダルが購入出来ますが、パペーテに数件あるショップは土曜午後のオープンとなり、次に購入出来る機会がボラボラ島までありません。以上のことから、水中用シューズをご自宅からお持ちいただくことを強くお勧め致します。
フリップ・フロップ(突っ掛け)タイプのサンダルを履いての参加はご遠慮ください。

■TELEPHONE INSTRUCTIONS 本船への電話の掛け方
クルーズ中のお客様へ、ご家族やご友人またはお仕事関係の方からお電話したい場合は、以下の要領にてポール・ゴーギャン号へおかけください。
◆ 日本から本船への電話
KDDI国際通話番号  海域番号
→ 001 - 010 - 870 - 331 - 165 - 211 または
→ 001 - 010 - 870 - 331 - 165 - 221
◆ 日本からの本船へのFAX
ファクシミリ通信も電話と同様の要領でおかけください。送信される書面にローマ字で客室番号、宛名をお忘れなくご明記ください。
KDDI国際通話番号  海域番号
→ 001 - 010 - 870 - 331 - 165 - 214

緊急のご連絡で、本船に電話がかからない場合は以下へご連絡ください。
PAUL GAUGUIN CRUISES(米国) 800 - 848 - 6172
TAHITI NUI TRAVEL(パペーテ) 011 - 689 464 119または110

Departure and Embarkation 乗船日のご案内
■AIRPORT SERVICES タヒチ・ファアア国際空港の設備について
タヒチ・ファアア国際空港内にあるWestpac Banque Currency Exchangeで両替が出来ます。月曜〜金曜7:45〜15:60の時間帯と国際線到着の前後1時間が営業時間となります。電話は、24時間対応のオペレーター通話が利用出来ます。
【ご注意】2013年3月現在、上記両替所はクローズとなっており空港での両替は出来ません。再開のめどは立っておりませんので、ご出発前に両替なさることをおすすめいたします。
国際線でご出発の機内荷物預かりは出発2時間前からとなります。グランドフロアーにはスナック・バーがあり、2階にはスナック・バーおよびレストラン、ブティック、ニュース・スタンド、花屋、シェルネックレスのお店があります。出国審査を通過した先の到着ロビーにはAvis、Europcarのレンタカー会社の予約カウンターがあり、タクシースタンドと呼出し電話があります。

■BAGGAGE お荷物について
FAA連邦航空局では、検査済みのスーツケース等に氏名、住所、電話番号を記した名札を付けるように求めています。また、乗船時にはお荷物を客室へお届けする為に、PGCの紙製専用カラー荷札を必ずそれぞれのお荷物につけて頂きますようお願い致します。
陸上や船上でお客様のお荷物を取り扱う上でトラブルを避ける為にも、航空機で到着される最終目的地まで保安検査済みのお荷物であることをご確認ください。

■BOARDING ID/KEY CARD IDカード/客室キーカード
乗船時にIDカード/客室キーカードを受取られましたら、上陸の際は必ずこのカードを携帯してください。このカードはポール・ゴーギャン号の乗船客であることを証明するものです。寄港の際、上陸時および帰船時はそのつどギャングウェイでこのカードを提示ください。

■CHILDREN お子様の乗船について
ポール・ゴーギャン号には、通常小さなお子様のための託児施設やお預かりするプログラムがありません。但し、夏の期間やホリディ・クルーズなど、限定されたクルーズには有料で託児プログラムが設定されることがあります。18歳以下のお子様は、親または21歳以上の大人が同行することが義務付けられています。12歳以下のお子様は、乗船中常に同行の大人が一緒に居ることが義務付けられています。PGCでは1歳未満の幼児の乗船はお断りしております。また、お子様の乗船者数には制限がありますので、予めご了承ください。

■GUEST DISEMBARKATION 下船手続き
下船スケジュールの概略については本船の最終下船地到着前にご案内致します。本船がフレンチポリネシア海域外を航海した際は、着岸から下船開始の許可を取るまでに現地港湾関係の手続き上約2時間を要します。個人によるトランスファーを手配されている場合はご注意ください。

■GUEST EMBARKATION 乗船手続き
乗船時間のご案内と最終書類をお持ちになり乗船手続きをお済ませください。ご乗船のお客様をお迎えする準備の為、ご案内の乗船時間より早く乗船頂くことは出来ませんので、予めご了承ください。

■HOTEL PROGRAM ホテル・プログラム
PGCでは乗船前および下船後の快適で多彩なホテル宿泊パッケージをご用意しています。ブローシャーまたはwww.pgcruises.comにて詳細をご覧ください。ホテル・プログラムには本船⇔ホテル間のトランスファーが含まれます。

■ON BOARD ACCOUNTS 船内でのご精算
船内ではカジノを除き、キャッシュレスでお買い物やサービスをご利用頂けます。有料サービスをご利用の際には、ご確認のご署名(サイン)をお願い致します。
最終日に配布されますご利用明細清算書は必ずご確認ください。ご精算は乗船時にご登録頂きました、クレジットカードで自動精算となります。その他のご精算方法としてトラベラーズチェックおよび現金もご利用頂けます。
ご請求はUSドルとなります。

■PASSPORT パスポート
パスポートはご乗船後レセプションにてお預かりし、現地港湾関係の手続きをお客様に代わっていたします。パスポートお預けの際に預かり証(レシート)をお渡しいたします。パスポートはクルーズ最終日にレセプションにて預かり証と引き換えに返却いたします。

■TRAVEL DOCUMENTATION 旅行書類
個人で旅行手配をされているお客様は、一部の航空会社の国際線では72時間前までにリコンファームをする必要がありますのでご確認ください。この決められた手続きをしないと予約がキャンセルされる場合があります。
パスポート、航空券や乗船券、トランスファーや寄港地観光のバウチャー類は手荷物としてお持ちください。

■Life Aboard The Gauguin 船上生活について
AMENITIES 客室内アメニティ(備品)
全ての客室には、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、モイスチャークリーム、シャワーキャップ、綿棒、コットンパフ、爪とぎ、バスローブ、スリッパ、傘が備え付けられています。その他、日用品などが必要な場合はブティックにて各種取り揃えております。

■ANNOUNCEMENTS 船内放送
船内放送は全ての客室内で聞いて頂くことが出来ます。お客様に快適にお過ごし頂けるよう、放送内容は必要最小限に留めています。

■BATHROBES バスローブ
お部屋内でご利用ください。客室外の持ち出しはご遠慮ください。

■BEACH TOWELS ビーチ・タオル
お部屋にございますので、ご使用後は室内にお戻しください。浴室清掃の際に新しいタオルに交換致します。

■BEAUTY SALON AND SPA 美容室とスパ (ダイヤル933)
デッキ6にスパと美容室があります。豊富なメニューをご用意し、お客様のご利用をお待ちしております。
フランスのマリンコスメティクスのパイオニアALGOTHERM(アルゴテルム)プロデュースによるスパ(DEEP NATURE SPA)では、スチームサウナ、マッサージ、アロマテラピー、タラソテラピーなどプロのセラピストによりご提供しております。ご乗船されましたら、是非ご自身に合った美容メニューについてスパへご相談ください。

■BOUTIQUE ブティック
ラ・ブティック(デッキ6・中央)では衣類や水着からタヒチ特産のブラックパール、世界の免税品まで各種取り揃えております。日用雑貨や旅行用品もお買い求め頂けます。

■CASINO カジノ
デッキ5にカジノがあります。航海中のみ営業しております。営業時間は船内新聞“Ia Orana”にてご確認ください。

■CLOSET SPACE 客室内クローゼット
全ての客室には、クローゼットと衣類を掛けるスペースがあります。クルーズ中はスーツケース等の大型荷物はベッドの下に収納ください。もし収納スペースが足りない場合は、客室係にお申し付けください。

■CLOTHING ABROAD SHIP 船上での服装についてのアドバイス
ポール・ゴーギャン号では、夕方6時以降はエレガントな服装でお過ごしください。フォーマルな服装の設定はありません。クルーズを通してカントリークラブカジュアルまたはエレガントリゾートウェアでお過ごし頂けます。
カントリークラブカジュアルは以下の服装を目安としてお考えください。
女性 : スカートやスラックスにブラウスやセーターを合わせたものなど。
男性 : スラックスにカラーシャツなど。(ゴルフシャツはご遠慮ください)ネクタイの着用は不要ですが、キャプテンズ・ウェルカムレセプションの為にブレザーを1着お持ちになると良いでしょう。
なお、夕方6時以降はショーツやジーンズなどのカジュアルな服装はご遠慮ください。

■COMMUNICATIONS 通信方法について
本船にはサテライト(通信衛星)システムの設備があります。インターネットセンターには10台のコンピューターが設置してあります。(日本語での使用は出来ません)
加えて、全ての客室内および船内公共エリアからWiFiの通信がご利用可能となっております。インターネットは有料でご利用頂けます。(料金については船内レセプションでご確認ください)
また、全ての客室には船内直通電話があり、直接通信衛星を通じて国際電話を掛けることも可能です。通話料はお客様の船内会計に課金致します。通信衛星の回線を利用した通話料は、一般回線より高額となりますのでご留意ください。

■CRUISE STAFF クルーズスタッフ
フレンドリーで気遣いのあるスタッフが勤務いたします。各オフィスのオープン時間は、船内新聞“la Orana”にてご確認ください。お客様が訪問する場所の情報や、船上でのお世話を喜んでさせて頂きます。

■DAILY PROGRAM デイリー・プログラム (船内新聞 “la Orana”)
毎日客室にお届けするデイリー・プログラム(船内新聞“la Orana”)には、重要なお知らせ、各種催し物、スケジュールの変更、夕食の時間、船内ブティックの営業時間などが記載されています。翌日のデイリー・プログラムを前日の晩に客室にお届け致します。

■DINING OPTIONS お食事について
美味しいお食事を、2ヶ所のエレガントなレストランと屋外のグリルから、その時の気分に合わせて自由にお選びください。
メインレストランのレトワール・レストラン(デッキ5・後方)では世界各国のバラエティ豊かな日替わりの料理を召し上がって頂けます。(夕食のみ)
ラ・ベランダ・レストラン(デッキ6・後方)では朝食、昼食をブッフェ形式(アラカルトも可能)で召し上がって頂けます。

夕食はミシュラン2つ星を持つ「アピシウス」のオーナーシェフ、ジャン・ピエール・ビガードによるフランス料理を召し上がって頂けます(要予約、朝食/昼食時に受付)。
ル・グリル(デッキ8・中央)ではカジュアルに朝食と昼食を屋外で召し上がって頂けます。夕食はサウスパシフィックのテイストを加えたグリル料理となります(要予約)。

■DISABLED GUEST 障害をお持ちのお客様
身体的に障害をお持ちのお客様で、乗船中に特別な配慮を必要とされる場合は、予約時にお申し出ください。ご要望の内容によってはお受け致しかねる場合がありますので、必ず事前にお知らせください。身体的に障害をお持ちのお客様のご乗船には、介助する健常者の付き添いが必要となります。天候、地形、移動手段によっては、ご参加いただけない寄港地観光もございますので予めご了承ください。
本船には車椅子対応の客室がございます。特別な配慮のお申し出を頂いた際には、PGCは喜んでご相談させていただきます。

■ELECTRICAL OUTLETS/APPLIANCES 電源
客室内のドレッサーの脇に110V(日本と同じ型)と220V(ヨーロッパ丸ピン型)の両方のコンセントがあります。また、バスルームにもシェーバー用として110Vのコンセントがあります。安全上の理由から客室での旅行用携帯型アイロンの使用は禁止となっています。

■ELEVATORS エレベーター
本船には前方と後方に各2機のエレベーターがあります。後方にありますマリーナの階にはエレベーターは停まりませんのでご注意ください。

■ENTERTAINMENT ON BOARD 各種催し物
ピアノバーでの軽音楽やフレンチポリネシアン達による和やかなショーなどをお楽しみください。

■FITNESS CENTER フィットネスセンター
デッキ6・中央にございます。船上での定期的な運動をご希望されている方や、新たに運動を始めたいと考えている方など、様々な理由でシェイプアップをしたい方はフィットネスセンターでお過ごしください。サイクリングマシン、フリーウェイト、ステアマスター、トレッドミル、ベンチプレスなどの各種器具が揃っています。
フィットネス及びスパは健康上問題のある方はご利用いただけません。お客様ご自身の責任にてご利用ください。
ご利用にご不安のある方は、船内ドクターにご相談ください。



■GOING ASHORE 上陸観光について
寄港地では、現地港湾関係の手続きが完了次第、自由に下船していただくことができます。下船の際はIDカード/客室キーカードを必ず携帯してください。下船の際にIDカード/客室キーカードに顔写真が記録されます。これは本船側がお客様の帰船状況を迅速に個別認証するために必要となります。

■GRATUITIES チップ
船内ではチップは一切不要です。クルーズ代金に含まれています。

■GUEST RELATIONS MANAGER ゲストリレーションズ・マネージャー
船内での特別な手配などをご希望の場合、デッキ4のレセプションを通じてゲストリレーションズ・マネージャーにご相談ください。

■HAIRDRYERS ヘアドライヤー
すべての客室にはヘアドライヤーがクローゼットに備え付けられています。

■HEATING AND AIR-CONDITIONING 空調設備
船内では快適な温度管理がされております。すべての客室には温度調節のできる空調設備がありますのでバルコニーのドアは閉めてご利用ください。操作でご不明な点は客室係にお尋ねください。

■IN-SUITE DIALING INSTRUCTION 電話
レセプション “0”
緊急 “911”
ルームサービス “999”
■ 客室への電話は部屋番号の前に“2”をダイヤルして部屋番号をダイヤルしてください。(例)606号室にかける場合 “2 606”
■ 日本への電話のかけ方(電話代は$6.50/分、お部屋付けとなります)
“011”+“81”(国番号)+最初の“0”を除いた日本の電話番号
(例)東京03地域にかける場合 011 + 81 + 3 + XXXXXXXX
■ FAXサービスはレセプションデスクにて1枚$6.50で承ります。

■IN-SUITE/STATEROOM DINING SERVICES ルームサービス(ダイヤル 999)
24時間のルームサービスがご利用いただけます。客室にご用意したメニューからご注文ください。
ルームサービスによる朝食をご希望の場合は、備え付けの専用メニューカードにご記入の上、夜のうちに客室の外のドアノブに掛けてください。
メインレストラン“レトワール”の営業時間内であれば、同じメニューのお食事を客室で召し上がっていただけます。ご注文はルームサービスにお電話ください。

■LAUNDRY AND VALET SERVICES ランドリー/クリーニング
船内にはセルフランドリーの設備はありません。有料のランドリーをご利用ください。プレス、ランドリーやドライクリーニングも承ります。ご希望の際は客室係またはレセプションデスク“0”にお申し付けください。
出来上がりは、午前10時までに出された衣類は、当日の午後6時以降にお部屋にお届けいたします。念のため、ご依頼される際に出来上がり時間をご確認ください。
お急ぎの場合は、6時間エクスプレスサービスをご利用いただけます(料金は通常の倍額となります)。
ランドリーバッグと注文書は客室内に備え付けてございます。
安全のため、アイロンの客室への貸出しは行っておりません。

■LECTURE PROGRAM レクチャープログラム
ほとんどのクルーズでは、各専門分野のスペシャルゲストを招いての様々なレクチャーが予定されています。まるでガイドブックを読むような感覚でレクチャーを受けていただけることでしょう。講師陣によるレクチャーは、フレンチポリネシアの地で直に得た知識であったり、大学などの場で講義している内容であったり、芸術の分野やジャーナリストが語る内容であったりと様々です。堅苦しくない内容とスライドを用いて、フレンチポリネシアの人、文化、歴史、動植物などに関するレクチャーが催されます。

■LIQUOR アルコール類について
ご乗船中は、以下のお飲み物はすべて無料でお楽しみいただけます。
ソフトドリンク、ジュース類、ボトル入りウォーター、温かいお飲み物、ビール、セレクトワイン、リキュール類
客室内でのお飲み物のご要望は、客室係またはバトラーにお申し付けください。
室内のミニバーもすべて無料です。飲み物は毎日補充されます。

■MARINA PLATFORM マリーナ・プラットフォーム
デッキ4・船尾にございます。海況と天候が許せば、本船の格納式マリーナでウィンドサーフィン、カヤック、パドルボード等ウォータースポーツが予約不要の先着順で無料にてお楽しみいただけます。
シュノーケリングの機材は無料で貸し出します。(貸出日/時間は船内新聞 “Ia Orana” にてご確認ください)
各レベルに合ったスキューバダイビングプログラムもフル装備でPADIインストラクターがご案内いたします。リフレッシュコース、委託紹介コース、検定コースの参加も可能です。プログラムの代金についてはトラベル・コンシェルジュにお尋ねください。
注意:ウォータースポーツは天候により予告なく中止する場合があります。珊瑚や貝殻は船内に持ち帰らないでください。

■MEDICAL SERVICES 医療サービス
船内にあるメディカル・センター(デッキ3・左舷前方)は急病や怪我に対応し処置を施します。しかしながら一時的な処置であり、恒常的な病気や症状の治療を継続する施設ではありません。健康上の理由で特別な対応を必要とする場合は、その旨お申し込み時に書面にてPGCに必ずお知らせいただき、承認されることが必要となります。予めご了承ください。
医師と看護師が24時間体制で緊急時に備え常駐しております。緊急時には“911”をダイヤルしてください。治療費はお客様の船内会計に課金されます。
携帯型酸素濃縮装置を必要とされるお客様は、装置およびボンベ類はご自身でご用意ください。船内にあるPGCの車椅子は、緊急時の目的にのみ使用するものです。

■NEWS SERVICES 新聞サービス
通信衛星から受信した新聞を、レセプションにてご用意しております。時勢に送れることなく、重要かつタイムリーな世界のニュースがご覧いただけます。また、世界各国の新聞や有料にてお求めいただけます。
船内ライブラリーでは、週刊ニュース・マガジンや定期刊行物などがご覧いただけます。客室内のテレビでは、ケーブルニュースチャンネルの番組がご覧いただけます。

■PETS AND ANIMALS ペット
ポール・ゴーギャン号にはいかなるペットや動物も乗船することはできません。

■PHOTO SHOP & GALLERY 写真サービス
フォトショップ(デッキ5・後方)では、乗船しているプロのカメラマンがクルーズ中に撮影したスナップ写真を掲示/販売しております。
また、アルバム、フォリオやフォトフレーム、カメラ用電池、使い捨てカメラ、デジタルカメラ、アクセサリー用品、メモリーカードの販売や、お客様のデジタルカメラの現像も承ります。(フィルムの現像はできません)

■READING GALLERY AND DVD LIBRARY 書籍コーナーとDVDライブラリー
デッキ6にある書籍コーナーには、世界の雑誌や書籍をご用意しております。
また、デッキ4のレセプション・エリアでは、バラエティに富んだ映画のDVD(英語版)無料レンタルもご利用いただけます。

■SAFETY CONCERNS 安全に関する重要事項
数多く設定されている水中アクティビティにご参加される際は、水中用シューズを履かれることをお勧めします。(“お持ちになると便利なもの”の項をご参照ください)
水中アクティビティを楽しむ場所までのボートや水中での移動中は、各人が快適にそしてより安全であるために注意を払わなくてはいけません。ツアースタッフや現地ガイドの指示に従い、安全に行動してください。潮の流れや水中でのコンディションの変化は、予期せずして起こります。ボートで移動中に突然立ち上がると、ボートが不安定になり他のお客様を驚かせ危険にさらしかねません。ボートで移動中は静かに座り、ガイドの指示に従って乗り降りをしてください。
フレンチポリネシアでは、写真愛好家にとって魅惑的な景色に何度も遭遇します。寄港地観光にご参加のお客様は、ツアーの最中にカメラを破損または紛失をされても、PGCは一切その責任を負わないことを念頭に置いてご参加ください。移動に使用する車は、おおかた屋根がありませんので、突然の豪雨や海水の飛沫で濡れることがあります。とりわけ水中アクティビティに参加される際は、防水性の使い捨てカメラを使用されることをお勧めします。また、精密部品のカメラ機材などは、防水性のバッグに入れて濡れるのを防ぐとよいでしょう。
高価な宝石類や時計などは客室内の金庫に入れ、お買い物のためにある程度の現金またはクレジットカードを持って上陸されるとよいでしょう。

■SHOE SHINE 靴磨きサービス
無料の靴磨きサービスがご利用いただけます。客室係またはバトラーにお申し付けください。

■SHORE EXCURSIONS ショア・エクスカーション(寄港地観光)
各寄港地では様々なショア・エクスカーションをご用意しています。ツアーの詳細は別冊のブローシャーをご覧ください。各ツアーには参加人数の制限があります。プライベートな観光をご希望の場合は、船内に常駐しているPGCのツアー予約担当者が喜んで手配のお手伝いをさせていただきます。
ほとんどの寄港地観光はクルーズ代金には含まれておりません。観光内容は現地事情により変更となる場合があります。本船の安全、ひいてはお客様と乗組員の安全確保が最優先されます。すべての寄港地観光については、担当スタッフの指示やアドバイスに従ってください。そして、事前にお伝えする環境保護についてのガイドラインを遵守ください。

■SHOWER HEAD バスルーム内シャワーヘッドの構造について
すべての客室の、バスルーム内シャワーヘッドは可動式フック付きのハンドシャワーです。

■SMOKING POLICY 船内での喫煙場所
船内では下記の3ヶ所で喫煙が可能です。客室内、バルコニー、レストラン等は禁煙です。
La Palette ラ・パレット外側の右舷側
Pool deck プールデッキの右舷側
Open deck 5 デッキ5 オープンデッキの左舷側
葉巻はプールデッキのみ喫煙可能ですが、パイプは船内すべてで禁煙となりますので、ご了承ください。
安全のための諸注意 :
- 喫煙をされる際は灰皿を常にご利用ください。
- 決して吸殻を海に投げ捨てないでください。風に煽られて船に戻され、思わぬ火災の原因になる場合があります。

■SPECIAL DIETARY REQUIREMENTS ダイエットメニュー(特別食)
レストランのメニューには、減塩食や低脂肪食に十分対応可能な対応のもと、特別食メニューをご用意しております。乗船後にメートルディ(レストラン総支配人)とご相談ください。それ以外の特別な配慮や注意を要する食材をご希望の場合は、PGC予約課または弊社にご連絡ください。特別な食材を調達するのに時間を要します。

■SWIMMING POOL スイミングプール
デッキ8・中央には屋外スイミングプールがあります。

■TV AND DVD テレビとDVDプレーヤー
すべての客室には各種サービス機能付きテレビとDVDプレーヤーが設置されています。テレビ番組はすべて英語となり、番組表は船内新聞 “Ia Orana” をご参照ください。
レセプションで無料貸し出しをしている映画のDVD(英語版)がご覧いただけます。

■VALUABLES 貴重品
すべての客室にはクローゼットの中に金庫が備え付けられています。PGCは、客室内で保管されているお客様の現金、宝石、カメラ、双眼鏡、旅行書類などを含む個人的所有物について一切責任を負いません。
【金庫のご利用方法】
1. 金庫の扉を開いた状態で“A”を押した後に6桁の暗証番号を入力してください。
2. 最後に“C”を押して暗証番号の登録ができます。
3. 扉を閉めてノブを回すと施錠されます。
4. 扉を開ける際は、最初に“A”を押した後に6桁の暗証番号を入力し、ノブを回してください。トラブルの際はレセプションデスク“0”までご連絡ください。

■VISITORS ON BOARD ビジター(訪船)
ご友人などの訪船をご希望の場合は、PGCの予約課または弊社に乗船の30日前までにご依頼ください。乗船後にご希望される場合は、レセプションにて少なくとも72時間前までにご依頼ください。訪船は保安上の理由でお受けできない場合もあります。ダイニングルームや客室内でのパーティの手配を希望される場合は、事前にホテル・ディレクターの承認が必要となります。手配には別途費用を申し受けます。

■WAKE UP CALL モーニングコール
客室の電話で設定と解除ができます。
設定は、受話器を上げ、“66”をダイヤルした後に24時間制で時間をダイヤルしてください。時間確認のメッセージの後に受話器をお切りいただくと設定が完了します。
(例) 午前7時30分に設定の場合 “66 0730”
午後4時30分に設定の場合 “66 1630”
解除は“67”をダイヤルしてください。

■ルームサービス (レギュラーメニュー)
(メニューは変更になる場合があります)
Appetizers 前菜
スモークサーモン オニオン、ケッパー、クリームチーズ添え
パルマ産生ハム 季節のメロンとグリッシーニ添え
ハーブミックス・グリーンサラダ バルサミコドレッシング
シーザーサラダ
野菜サラダ クルミのドレッシング
Soups スープ
チキンコンソメ
バジル風味トマトピューレソース クラッカー添え
Sandwiches サンドイッチ
パンは全粒麦またはホワイトブレッドからお選びください
ツナサラダ
ローストビーフ
茹でたハムとチーズ
ベジタリアン
ローストターキークラブ ベーコン、レタス、トマト
Hot Entrees 温菜
サーモンフィレ ソテーまたはグリル
ビーフテンダーロイン グリーンペッパーコーンソース
ステーキサンドイッチ
鶏胸肉のグリル
スパゲッティ 
ソースをお選びください : トマトソース、ボロネーゼ(ミートソース)、
                       ペスト(バジルソース)、アーリオオーリオ、プレーン
豆腐、野菜、ヤキソバの炒め物 ソイジンジャーソース
ビーフホットドッグ
ハンバーガー / チーズバーガー
ピッツァ・マルゲリータ (トマトとモッツァレラチーズのピザ) ※30分ほどお時間がかかります
トッピング : マッシュルーム、ハム、プロシュート、ペパロニ、パイナップル、オニオン、ベルペッパー
Desserts デザート
チョコレートムース
バーボンピーカンパイ バニラアイスクリームとキャラメルソース添え
本日のフローズンヨーグルト
バニラまたはチョコレートアイスクリーム チョコレート/ストロベリー/キャラメルソース
季節のフルーツ盛り合わせ
チーズ盛り合わせ

■ルームサービス (朝食メニュー)
(メニューは変更になる場合があります)
ご注文は、所定のオーダーフォームにご記入のうえ、お休み前に廊下側のドアノブにかけてください。

冷たいお飲み物
オレンジ トマト プルーン
クランベリー アップル グレープフルーツ
キャロット V8(野菜ジュース) ミルク
スキムミルク

フレッシュフルーツ
ハニーデュー マスクメロン バナナ
キウィ パイナップル オレンジ
グレープフルーツ ミックスフルーツ プルーン

ヨーグルト
プレーン ミックスフルーツ

冷たいシリアル
コーンフレーク レーズンブラン スペシャルK
オールブラン コーンフロスティ スイスミューズリー
オールブラン

温かいシリアル
オートミール クリームオブウィート

卵料理
スクランブル 目玉焼き ゆで卵 (___)分
ご希望


オムレツ
ベーコン チーズ ハム
スモークサーモン ハーブ ウェスタン(ポテトとハム)

グリル料理
ベーコン リンクソーセージ
ハム ミニッツステーキ
カナディアンベーコン ハッシュブラウンポテト

スイーツ (メープルシロップつき)
パンケーキ プレーン そば粉
ブルーベリー バナナ

フレンチトースト ワッフル

ペストリー / マフィン
デニッシュ盛り合わせ クロワッサン
ブランマフィン ブルーベリーマフィン

パン
フランスパン ロールパン
ベーグル イングリッシュマフィン

トースト
全粒粉 ホワイト ライ麦

ジャム / バター
ストロベリー オレンジ アプリコット
はちみつ バター マーガリン
クリームチーズ

スモークサーモン ___
(クリームチーズ、薄切りオニオンとトマト、ケッパー、
ベーグルのトースト添え)

ハム類
サラミ 調理ハム スモークハム

温かいお飲み物
コーヒー カフェイン抜きコーヒー 紅茶
ハーブティー ホットミルク ホットチョコレート
クリーム ハーフ&ハーフ 2% ミルク
レモン
お届け希望時間
□6:30 ? 7:00 □7:00 ? 7:30 □7:30 ? 8:00
□8:00 ? 8:30 □8:30 ? 9:00 □9:00 ? 9:30
□9:30 ? 10:00


【緊急避難訓練】
緊急避難訓練は、乗船後24時間以内に行われます。この訓練は国際法上定められており、乗船客全員の参加が義務付けられております。救命胴衣(ライフジャケット)の保管場所と着用方法など、客室ドアの裏側に表示されている安全手順をお読みいただき、客室ごとに定められた救命ボート(ライフボート)乗船のための集合場所(マスターステーション)をご確認ください。避難訓練の時間は船内新聞 “Ia Orana” にてご案内いたします。

合図
避難訓練開始の合図は、船のホーンと警笛「短い警笛が7回、その後に長い警笛が1回」が鳴ることによりお知らせいたします。(訓練中は喫煙、飲酒は厳禁です)

手順
避難訓練開始の合図を確認後、それぞれのマスターステーションまで移動を開始してください。
マスターステーションBとDはデッキ5 左舷側です
マスターステーションAとCはデッキ5 右舷側です
マスターステーションに着きましたら、通路確保のために手すりより離れてお待ちください。乗組員が客室番号と集合場所が間違えていないか確認いたします。
確認が終わりましたら、乗組員から次の指示があるまでそのままお待ちください。
乗組員による、ライフジャケット着用手順のデモがあります。
- 最初にライフジャケットに頭を通します。
- ベルトを腰にまわし、カチッと音が鳴るまでしっかりと固定してください。
- ジャケットが腰にしっかりと固定されるまでベルトを締めてください。
- ライフジャケットには警笛と水中で作動するライトが付いています。ライフジャケットはデッキ5のマスターステーションに保管されています。お子様のライフジャケットや予備のライフジャケットが必要な場合や、ライフジャケットに関するご質問や乗組員にお申し付けください。
-
重要事項
ポール・ゴーギャンの乗組員は数チームに分けられ、それぞれが緊急時の実際の作業と明確な職務が与えられ、その役割について訓練されています。また、すべての乗組員は緊急時に万全を期すため、定期的に避難訓練を行っています。
万が一の緊急時には、船長がすべての行動に対して命令を出します。船長が必要と判断すると、乗船可能な所までライフボートが下がってきます。
ライフボートとゴムボート(ゴム製の救命いかだ)の定員は、乗船客と乗組員を合わせた数よりも大幅に多くなっています。それぞれのライフボートには水、非常食と救急箱が備え付けられています。
緊急事態が発生した場合に備え、本船には広範囲の通信設備、ライフボートには小型通信機が備え付けてあり、陸地のラジオ局や海上の他船に向けて緊急信号を発信できるようになっています。
実際の緊急事態の際には、停電の可能性もありますので、エレベーターは使用しないでください。非常灯が点灯してデッキ5のマスターステーションまで誘導します。客室には戻らず、直接マスターステーションへ避難してください。避難の際に補助が必要なお客様には、乗組員が補助いたします。

注意事項
海上では火災が一番危険です。乗船客の皆様には火元に十分ご注意いただき、火のついたタバコなどを船の外に捨てないようにお願いいたします。風で船内に吹き戻され、火災の原因となります。ろうそくや電熱器等も直接火災の原因となりますので、船内では使用しないでください。喫煙は所定の喫煙場所でお願いいたします。
客室内のスプリンクラーを壊したり塞いだりしないでください。
バルコニーにはタオルや個人の所有物を置かないようにお願いいたします。
火災を発見した時や緊急事態が起きましたら、各所にある船内電話から緊急番号“911”にご連絡ください。船内には自動煙検知器の他、火災報知ボタンがあります。
小さなお子様連れのお客様は、外デッキや客室のバルコニーでは十分ご注意ください。手すりに寄りかかったりして遊ばせないでください。また、お子様を一人だけにしないでください。

ポール・ゴーギャン・クルーズでは、皆様の安全が一番重要だと考えています。
濡れたデッキでの歩行、バスルームやシャワールームへの出入り、ドアの開け閉め等の際には船内の手すりにつかまり、船の揺れには十分ご注意いただきますようお願いいたします。

PAUL GAUGUIN SPECIFICATIONS
ポール・ゴーギャン シップデータ

建造年  1998年(2012年改装) 巡航速度 18ノット
利用デッキ数  7デッキ 船    籍 バハマ
総トン数  19,200トン 乗客定員 332名
全    長  156.5m 乗務員 217名
全    幅  21.6m オフィサー インターナショナル
喫    水  5.1メートル 乗組員 インターナショナル

© MERCURY TRAVEL CO., LTD. All Rights Reserved